Greeting

ご挨拶

みなさん初めまして。代表の村中です。
当院のホームページにお越しいただきありがとうございます。私は約10年鍼灸師としてのキャリアがありまして、ここ3年は豪華客船の中医師(Chinese Doctor)として世界を旅しながら仕事をしてきました。
特に動く5つ星ホテルと呼ばれるディズニークルーズラインでの約2年間、多くの患者さんに出会いました。
会社の社長、弁護士、医者。少し変わった所だとFBIの捜査官から、アラブの石油王まで、健康に対する意識の高い、色々な方を治療する機会を得ました。
そんな中、患者さんの口からビーガン(菜食主義)とマインドフルネスメディテーション(瞑想)という言葉をよく耳にするなーとなんとなく思っていたのですが、アメリカでは今そんなのが流行っているんだな。という程度でした。

元ディズニークルーズ鍼灸師

<瞑想との出会い>

しかしある時、一人の患者さんから、忘れられない一言を頂きました。『先生、治療中に瞑想してたらすごく鍼が効いてる感じがするよ。』
彼はNYの証券所で働くバリバリのビジネスマンです。その患者さんは豪華客船乗船中、毎日私の治療を受けてくださり、さらには自分の奥さん、お母さん、妹さんの予約を取って、家族ぐるみで治療させて頂きました。私はそれ以来、瞑想を勉強し、その呼吸法、マインドを鍼治療中に患者さんに実践していただくと、驚くほど良い結果が生まれました。それもそのはず鍼治療、漢方、そして瞑想。全て誰もが持っている「自然治癒力」を引き出すためのモノです。良い相乗効果が生まれないはずがありません。
その結果、多くの患者さんが私の治療を認めてくださり、世界の豪華客船で働く100人以上の鍼灸師の中で、売り上げTop鍼灸師の一人に日本人として、光栄にも名を残すことが出来ました。

さらに私自身もこれほどまでに効果が出る瞑想に心惹かれ、日本の瞑想道場、さらにはミャンマーに渡り、複数の僧院に泊まり込みで瞑想修行をして、瞑想に対する理解を深めました。そしてこの度、奇跡の組み合わせとも言える、瞑想×鍼灸治療にさらなる深みを加え、日本へ帰ってきました。

瞑想と鍼灸によって体と心により良い可能性を。私はこの治療を、皆さまにご紹介できることを心より楽しみにしております。長文ですが最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Career

経 歴

国家資格はり・きゅう師、ケアマネージャー/全日本鍼灸師会会員/
国立大学筑波技術大学鍼灸臨床研修課程修了

〜Meditation training history〜
Vipassana Meditation Centre Dhammadicca(Japan), Chanmyay Meditation Center(Myanmar), Pa-Auk Forest Monastery (Myanmar)

<略歴>

2007 はり・きゅう師国家資格取得
2010 国立大学法人 筑波技術大学鍼灸臨床研修課程修了
2010 きし整形外科内科付属 めだか鍼灸院院長
2012 ケアマネージャー取得
2013 英国世界最大SPA会社Steinerにて豪華客船の鍼灸師として、ディズニークルーズなどで述べ3000人以上の外国人を治療
2016 Steiner service excellence awards受賞
(計3000人以上のマッサージ、フェイシャリスト含むセラピストの中から選出。)

Suggest

東洋医学の“かかりつけ”を持つ事を私はオススメします。

舌を診て、脈を診て自然治癒力を高める治療により根本解決を試みる東洋医学の考え方。以下は実際にあった臨床例です。東洋医学のかかりつけを持つとこんなメリットがあります。

  • 手術が必要とDrに言われた腰痛、膝痛の手術を回避できた。
  • 脈を診る事により大動脈解離を事前に察知できた。
  • 腹診により子宮筋腫を早期発見した。
  • 服薬で良くならない更年期障害を改善した。
  • 慢性的に疲れが溜まりやすくなっていた体質を改善した。
  • 運動しても痩せにくかった体質を改善した。
  • スポーツのパフォーマンスが向上した。

西洋医学と東洋医学。どちらかに偏るのではなくその人に合った、その病状に合ったものを組み合わせていく治療が私は一番だと考えます。